仮想通貨における手数料

仮想通貨取引所は民間企業であるため、事業を運営することで利益を得ています。その利益の基になるのが利用者から徴収する「手数料」です。従って、取引所を利用する場合は、手数料のことを念頭に置いておく必要があり、手数料を考慮せずに取引していると、無駄なことをしたと悔やむことになりかねません。

手数料は仮想通貨の種類によって金額が変わり、取引所ごとでも異なります。従って、利便性に変わりがなければ、手数料が安かったり、無料だったりする取引所を利用した方がお得になります。ちなみに、仮想通貨取引所に口座を開設しないと取引が始められませんが、口座開設における手数料は無料とされています。

日本円の入出金手数料

取引所で仮想通貨を購入する場合は、開設した口座に日本円を入金しなければなりません。例えば、銀行から取引所の口座に振込むと、通常は銀行の振込手数料がかかります。取引所の入金手数料はそれとは別に、取引所に対して支払う費用のことです。また同様に、仮想通貨を売却して得た日本円を口座から出金する場合も、出金手数料がかかります。

仮想通貨の入金・送金手数料

仮想通貨は自由にどこにでも送金できます。例えば、自分のウォレットから取引所の口座に仮想通貨を入金する場合は、入金手数料がかかります。また、口座内に保有している仮想通貨を別の取引所や自分のパソコンにあるウォレットなどに送金する場合には、送金手数料がかかります。

スプレッド

取引所(販売所)から直接仮想通貨を購入したり、売却したりする時にはスプレッドという手数料がかかります。購入価格と売却価格の差が手数料になります。例えば、ビットコインを購入する時は100万円であるのに、売却する時は99万円だったとすると、差額の1万円がスプレッドになります。

現物取引手数料

取引所で仮想通貨を売買する時に発生するのが現物取引手数料です。現物取引とは、仮想通貨を売りたい人と買いたい人が直接売買をすることであり、売買するごとに手数料がかかります。従って、取引の頻度が多いほど負担が大きくなります。

レバレッジ手数料

仮想通貨の取引では、実際の出資金額以上の金額の取引ができます。例えば、100万円で500万円分の取引ができるということであり、これを「レバレッジ取引」と言います。レバレッジ取引では、以下の手数料がかかります。
①レバレッジ手数料
ポジションを持った日から1日ごとに加算される手数料です。「ポジション管理料」や「スワップ手数料」とも呼ばれます。
②取引手数料
レバレッジ取引で新規の売買をした際にかかります。
③ロスカット手数料
ポジションにおける含み損が一定額を超えたことで強制的に決済される時に発生する手数料です。