DHCせどりのメリット・デメリット

DHCは化粧品やサプリメントなどを販売しているメーカーです。CMが放送されていて、知っている方は多いことでしょう。 DHCはせどり商品としてチェックしておきたいものです。DHCせどりには、メリットとデメリットがあります。

●メリット ・常に需要がある サプリメントや化粧品は、使ってみて気に入ったらその後も継続して購入する傾向があります。一度購入したら終わりではなく、需要があり続ける商品といえるでしょう。 DHCでは、健康的でいたい人やきれいを保ち続けたい人のための商品開発を続けています。たとえ、使った商品が購入者に合わなかったとしても、新しい商品が登場するので健康でいたい人やきれいでいたい人は新しい商品を購入します。常に一定数の需要があるのです。 需要が尽きることがなく、いつのときも安定した収入が期待できます。

・商品が軽くて小さい DHCの商品は、軽くて小さなものが多くあります。その代表がサプリメントです。 サプリメントは1袋の重さが100gにも満たず、袋のサイズは縦横20cm以内のものがほとんどです。 化粧品はやや厚みと重さがありますが、本に比べれば小さく、家電製品よりもずっと軽いです。 軽くて小さな商品は保管場所をほとんど取らず、自宅に保管することができます。家電製品のように重くて大きくてスペースを取るものだと、自宅に保管することは大変で、場合によっては保管場所をレンタルする必要がでてきます。しかし、DHCの商品ならこういったことはありません。 また、軽くて小さな商品は送料を抑えることができて、経費の削減につながります。

・初心者でも手軽に始められる フィギュアや釣り具などマニア向けの商品だと、商品知識がないと高値が尽きそうな商品がわからず、成果につながりにくいです。マニアックな商品を扱うには知識が必要です。はじめは知識がなくても身につけていくことはできますが、時間がかかります。 DHC商品は、サプリメント、化粧品、食品などなじみがあるものばかりなので、初心者でも簡単に始められることでしょう。

●デメリット ・利益率は低め DHCの商品はもともと低価格で在庫数が安定しているため、プレミアム価格がつきにくいです。そのため、一つの商品を売って大金を手にすることは難しいでしょう。 しかし、安定した需要があるためリピーターを獲得すれば利益につながる可能性があります。

・取扱注意商品が多い 化粧品の中身が漏れていた、袋に穴が開いていた、開封された後があった、こういったことがあると購入者からクレームがくる可能性があります。 破損しやすい商品が多いので、取り扱いに注意が必要です。